山梨県議会議員(笛吹市選挙区選出)志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 笛吹市から山梨県の未来を創る!!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
志村なおき事務所
山梨県議会議員
志村なおき事務所


 笛吹市石和町河内83
 電話 055-244-3044
 FAX 055-244-3045
 2019年4月30日〜



大きな地図で見る
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生
(50歳)
山梨県議会議員
(笛吹市議会議員・3期)
(笛吹市農業委員・第22期)

(詳しくはこちらから)

志村なおきは、
日本税制改革協議会(JTR)の
納税者保護宣誓書に署名
しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会


連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS

「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
若彦トンネル

3月21日、笛吹市教育委員会生涯学習課主催の自然体験教室に参加してきました。

3月27日に開通する一般県道富士河口湖芦川線の若彦トンネルを、親子の体験教室として歩いて往復し、周囲の環境や自然に親しみながら、あわせて親子や家族の絆を育んでほしいという事業目的で開催されました。

若彦トンネルの芦川側から歩いて入り、富士河口湖側に出たところで休憩して折り返してくるという行程でしたが、トンネル内は風が吹き抜けていて、結構な寒さでした。

若彦トンネル

かつて、「甲斐の古道九筋」の1つに「若彦路」という経路がありましたが、1968年に若彦路の整備に係る促進期成同盟が発足したそうで、2000年に国の認可を受け事業採択となり、2004年に富士河口湖町側から掘削が始まり、2006年には芦川町側からも掘削、2008年に貫通しました。

トンネルについての説明が県の担当者からあり、工事自体はスムーズに進んだものの、掘削により湧水し(1分間に1万リットル)苦労したというお話がありました。

道路整備も含めた富士河口湖町大石から笛吹市芦川町間の計画延長は5820メートル、そのうち若彦トンネルの長さは2615メートルで、山梨県内の道路では雁坂トンネル、御坂トンネルに次いで3番目の長さとなるそうです。

若彦トンネル

トンネル内の市町境界で撮影しました。

若彦トンネル

富士河口湖側の坑口では、折り返すまでの休憩時間を利用して、こどもたちがトンネル内に大きな声で叫んでみるという「あそび」もあり楽しそうでした。

若彦トンネル

実際に自動車で八代庁舎から富士河口湖町の大石公園まで走ってみると、交通量も(まだ)少なくスムーズに思ったより早く到着できるようです。

若彦トンネル

予定通りの時間で全員が歩き切り、終わりの会をして解散となりました。

若彦トンネル

ちなみに、笛吹市芦川坑口の銘板は閉校となった芦川中学校の生徒が書いたものだそうです。

若彦トンネル

富士河口湖坑口の銘板は、富士河口湖町の小学生が書いたものだそうです。(大石小学校かな?)

若彦トンネル

芦川農産物直売所「おごっそう家」のオープンもあり、若彦トンネルが笛吹市の南側の第2の玄関口として、また国中と富士北麓を結ぶ新たなルートとして、多くの方に利用されることを願っています。

交通事故には十分気をつけて…。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイチ大地震への支援を

 朝からハウスの中で汗をかきかき仕事していましたが、お昼からあちらこちらへと所用をすませてきました。

 途中、ぴゅあ総合に寄り、女性のチャレンジシンポジウムを少しだけ覗いてきました。

女性のチャレンジシンポジウム

 24日からハイチに向かう小澤さんの心境などが聞けるかな…と思いつつ、小澤さんだけでなく、フードバンクの米山さんやまんまくらぶの若尾さんのお話も大変貴重でした。

ハイチ友の会

 結構、満席状態でしたので、図々しくも会場入口付近のハイチ友の会のテーブルに空いていた椅子を見つけ座らせていただきました。
 小澤さんには、約10年前だったか、チャレンジ2000というイベントでパネリストをお願いしたことがありました。
 パネルディスカッションを聴きながら、お隣の小澤さんのお母様とも少しお話などさせていただきながら、カードと絵本を購入し、義援金の払込用紙もいただいて会場を後にしました。
 その後、しっかり義援金も送らせていただきました。

 遠くの他者のことを思い、行動してくれる人がいて、その人のことを思う人たちがいて、それぞれのポジションで少しずつ自分に出来ることをしあえば、きっと大きな力と希望が湧いてくると思います。
 日赤チームの一員として医療支援活動に従事される小澤さんのご健康と、ハイチの方々が一日も早く復興の道筋が開けることを祈っています。

「ハイチ友の会」
郵便振替:
通信欄に「震災支援のため」と記載し、
ハイチ友の会
[郵便振替00130-4-14940]へ。
問い合わせ先:ハイチ友の会事務局
電話 055-237-5126
ハイチ友の会代表ブログ

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
正月は終わりです

3日で正月も終わりですが、箱根駅伝を横目に資料の整理やら作成やらの雑用と、溜めている本や原稿の読み書きをしたいと思いつつ、ふえふき☆タイムスのブログシステム移行作業の合間にCMをつくってみました。

せっかくなので、ここにも貼っておくことにします。(^^)

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
初詣

一宮浅間神社に初詣に行ってきました。
正月2日とはいえ、大勢の参拝でにぎわっていました。
今年一年の健康と良き年となるように祈りました。

初詣

厄年ということだそうで御守りも買いましたが、
さすがに一宮の神社です。
桃の御守りというのもありました。

御守

もちろん、これも1つ買いました。(^^)

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
消化不良?

 (社)笛吹青年会議所の「アブリオ笛吹」という事業が、スコレーセンターを会場に行われました。

 メイン事業は、「リニア中央新幹線未来のまちづくり計画」と題した講演とパネルディスカッションで、笛吹青年会議所としてリニア中央新幹線の実現による未来のまちづくりを構想していくという趣旨のものだったと思いますが、会場に足を運んでくださった参加者の方々はどんな感想をお持ちになったでしょうか。

 猪瀬直樹東京都副知事の基調講演の後、萌木の村舩木上次さんのコーディネートで、荻野正直笛吹市長、アサヒビール(株)名誉顧問の植松増美さん、文屋の木下豊さん、(社)笛吹青年会議所の渡邉茂理事長によるパネルディスカッションが行われました。

アブリオ笛吹

 (以下、山梨日日新聞11月15日付記事を一部引用)

 荻野正直市長ら4人がパネリストで参加。コーディネーターを務めた萌木の村(北杜市)社長の舩木上次さんが「新幹線も高速道路も集客効果があるのは終着点で、通過点に効果はない。100年後のために何をしてはいけないか考えるべきだ」と問題提起。これに対し荻野市長は「市内に駅ができれば経済効果だけでなく、市民の利便性も増す」と訴えた。
 また、アサヒビール名誉顧問の植松増美さんは「リニアは夢の交通機関かもしれないが、誰が乗るのか」と疑問視した上で、「リニアができたら駅ができたら町が栄えるのではない。むしろぜひ笛吹市に駅を造らせてほしいというぐらい魅力的なまちにすることが重要だ」と提言した。

 (以上引用終わり)
 元記事のリンクは、http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/11/15/9.html
 (しばらくするとアクセスできなくなると思います)

 コーディネーターの舩木さんが、少し前に「リニアの駅は要らないんじゃないの」という主張をされ、県の「リニア活用推進懇話会」でも懐疑的な意見が多数あったという記事もこの日の読売朝刊山梨版で書かれていましたが、舩木さん曰く「わたしの2ヵ月程度の理論武装で発言したことに対して、(駅ができることのメリットなどを)納得させるだけの意見がないようならば、ダメなんじゃないか」とのことでしたが、ごもっともだと思いました。

 たまたま、パネリストのお一人である木下豊さんをお迎えに行き、車の中でほんの少しですがお話させていただきました。言葉を交わした程度だったのですが、パネルディスカッションが終了し、前庭で開催中の「ほうとうコンテスト」でほうとうを食べた後、お帰りの際にお声を掛けていただき激励してくださいました。パネルディスカッションでの小布施での取り組みは、それだけでももっとお聴きしたいと思いました。ありがとうございました。
 ぜひ、小布施に行った際にはまたお会いして、お話を伺い勉強させていただきたいです。

アブリオ笛吹

 この日は、子育て講演会「親子の絆」と題したヴァンフォーレ甲府の小池悠貴選手(笛吹市出身)の父親である小池志直さんの講演、(社)笛吹市青年会議所による市民ホール建設推進の立場からの提言とアンケート、笛吹アレンジほうとうコンテスト「H-1グランプリ」、ギャル曽根さんのトークショーといった催しが目白押しでした。

アブリオ笛吹

 ほうとうは5種類のエントリーがありました。幸い、朝のうちの雨も上がって大変な賑わいでした。ほうとうを食べて満腹になったこともあってか、たくさんのイベントが続いたからか、とくに午前の部はちょっと消化不良でしたかね…。
 次の予定があり、14時半過ぎに会場を後にしました。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
葉書

 今日、1枚の葉書が届きました。

 約15年ほど前、国際交流事業でドイツを訪問したときに知り合った方なのですが、Aさんとしておきます。
 Aさんは、東京銀座で育ち仕事をされてきましたが、親の介護のために山梨に縁を持たれ、退職後に石和に越して来られました。
 信念の強い方で言ったら聞かない頑固者でもあったようですが、友人や親類との絶縁状態になっても自分の生き方を貫かれていました。
 文藝春秋に勤務されていた当時の半藤一利さんとも親交があったそうで、20代半ばだったわたしに、1967年に映画化された半藤さんの『日本のいちばん長い日』が、単行本で発売されることになったからぜひ読んでとすすめてくださったり、いろいろなお話を聞かせてくださいました。

 その後は、何度かお会いしたり、年賀状のやりとりなどをさせていただいていましたが、癌がみつかり手術をされてから、入退院を繰り返していたご様子でした。
 生活環境も変わられて、一時は音信が途切れたのですが、昨年、選挙のあとすぐに電話をくださり、「もっと早くこういう日が来ることを待っていました。期待していますから精一杯がんばりなさい」と身に余る激励を頂いていました。

 その葉書には、Aさんの描かれた絵の写真とともに、お連れ合い様からの「今年4月末日に彼岸に旅立ちました」とのメッセージがありました。
 あまりの驚きに言葉を失い、活動のご報告をかねてお伺いしようと思っていた機会を逸したことを悔やみました。
 それでも気を取り直して、ご自宅を訪問し焼香させていただくことにしました。

 Aさんの近年のご様子をお聞きし、選挙の際にはお二人でわたしの家を探して来てくださったそうなのですが、また、わたしもAさん宅に伺ったものの、お互いにお会いすることができなかったことをお話ししながら、Aさんがわたしの当選を大変喜んでくださっていたこと、お連れ合い様も埼玉県のS市でまちづくり活動に積極的に取り組んでおられたご経験から「これからが大変なんですよ」と話したこと、闘病生活のこと、密葬にして都内で近親者のみで送ったことなど、短い時間でしたがいろいろなお話をお聞きすることができました。

 本当に残念でなりませんが、励ましを胸にがんばっていこうと思います。享年78歳でした。ご冥福を心からお祈りいたします。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
税金をムダ遣いしないために!

 10月26日のエントリーで自治体財政研究会について書きましたが、このときJTR(日本税制改革協議会)の納税者保護宣誓書に署名をしたというご報告もしました。
 その宣誓書が本日届きました。

納税者保護宣誓書

 署名に立ち会ってくださったのは、公認会計士で公会計研究所所長の吉田寛千葉商科大学大学院教授と、前我孫子市長で東京財団上席研究員の福嶋浩彦中央学院大学教授のお二人です。

署名
(↑↓写真はJTRのサイトに掲載されているものです)
署名

 わたしの左側が福嶋さん、右側がJTRの内山会長です。

 福嶋さんは、政府の行政刷新会議で実施している事業仕分けの民間仕分け人の一人としても任務にあたられています。
 事業仕分けについては賛否さまざまですが、地方主権と税金の無駄遣い撲滅の実現のためにも、公開で行われていることのインパクトと、国民の理解を得られるような予算編成を進めていくという大きなきっかけとなるものとして注目しています。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
やまなし男と女とのフォーラム
やまなし男と女とのフォーラム」は、
「やまなしひととひととのふぉーらむ」と読みます。

やまなし男と女のフォーラム2009が、
6月4日(木)14:00から
山梨県立文学館で開催されます。

今日は、午後からフォーラムの
第2回実行委員会が行われました。
県内の40団体(山梨県庁含む)によって
組織された実行委員会で、今年の実行委員長を
不肖にもわたしが担当しています。

昨年は、いま飛ぶ鳥を落とす勢い(?)の
勝間和代さんをお招きしてのフォーラムでしたが、
今年は、株式会社ワーク・ライフバランス
代表取締役社長である小室淑恵さんを講師に迎え、
「仕事もしたい!生活も楽しみたい!」
〜ともに輝くためのワーク・ライフ・バランス〜
と題して講演をいただき、劇団さくらっ子の演劇、
中央市男女共同参画委員会の歌の発表、
山梨県男女共同参画推進事業者表彰などが
行われます。

ぜひとも多くのみなさまのご参加を
お願いいたします。
| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
桃の花まつりで春を堪能
笛吹市桃の花まつりが「開幕」し、
プロ野球同様盛り上がりを見せています。(^^)

4月1日は芸妓みこし、
4月2日は石和よっちゃばれソーラン祭り、
4月3日には、石和の市部通りで歩行者天国。

市部通り歩行者天国(写真は石和八幡宮参道)

市内各地の会場で土日、平日を問わず、
さまざまなイベントが開催されています。

桜は満開の状態、
桃の花もかなり開いてきています。

所用で笛吹市役所に行き、ついでに
笛吹川河畔の桜のホットショット。

笛吹市役所前の桜

その他、挨拶をかねて関係機関を
いくつか回りました。

さて、下の写真は、3月の終わりに
ホテルくにたちさん前の特設会場で
お花見を楽しませていただいたものです。

ホテルくにたちさん前特設会場

ぜひ、一人でも多くの方に、笛吹市の春を
楽しんでいただけたら…と思います。

お祭りのお問い合わせは、
笛吹市観光連盟 電話055-261-2829 まで!

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
笛吹市は「花・名水」の郷!
JR東日本の観光キャンペーン
「花と名水美し色の山梨へ」が始まりました。

JR東日本キャンペーンバナー

キャンペーンのトップページにはどういうわけか
笛吹市情報が目立ちませんが(苦笑)、
山梨県笛吹市はいま、桜や桃の花が咲き誇る
絶景のシーズンです。

まさしく「桃源郷」です。

笛吹市役所バナー

笛吹市公式ページ観光情報

4月1日から19日までの期間、
「笛吹市桃の花まつり」として市内各地で
お祭り、イベント等が開催されます。

県内外からの大勢のお客様のご来訪を
心からお待ちしております!
| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>