山梨県議会議員(笛吹市選挙区選出)志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 笛吹市から山梨県の未来を創る!!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
志村なおき事務所
山梨県議会議員
志村なおき事務所


 笛吹市石和町河内83
 電話 055-244-3044
 FAX 055-244-3045
 2019年4月30日〜



大きな地図で見る
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生
(50歳)
山梨県議会議員
(笛吹市議会議員・3期)
(笛吹市農業委員・第22期)

(詳しくはこちらから)

志村なおきは、
日本税制改革協議会(JTR)の
納税者保護宣誓書に署名
しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会


連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS

「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
令和2年元旦

 

 

謹賀新年

 

 日頃より、皆様には温かいご理解とご支援を賜り、衷心より感謝申し上げます。

 昨年は、新しい令和の時代が始まり、私も県議会の議席をお預かりして、新しい活動が始まりました。

 本年も全力投球していく所存です。

 今後とも、変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

  令和2年1月1日 志村直毅

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | - |
令和元年の年末によせて

まもなく令和2年がやってきます。
本年は大変多くのみなさまにパワーをいただき、
県議会へと送っていただきました。

 

 

4月30日から8カ月、全力疾走してこれたのも
みなさまの後押しがあったからこそと思っております。

 

 
この1年、お世話になったすべてのみなさまに
心より感謝申し上げますとともに、
新年も変わらず全力を尽くしていくことを
お誓い申し上げます。

 

 

みなさま、よい年をお迎えください。
今後ともご指導のほど
よろしくお願い申し上げます。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | - |
1月2日はミレーの美術館へ!

山梨県立美術館では1月2日限定で、ミレーの油彩画「落ち穂拾い、夏」など、約30点の写真撮影ができます!

ミレー館での撮影を認めるのは、昨年11月20日の「県民の日」以来2回目となります。

 

8月の指定管理施設・出資法人調査特別委員会で、多世代に県立美術館の魅力を伝え、県内外の方々に何度も来館していただけるよう、作品の写真撮影を許可してはどうかと提案し、検討を求めていました。

 

ぜひ、多くのみなさまに県立美術館を訪れていただき、ミレーの絵画を撮ってSNSなどで積極的に発信し、あらためて「ミレーの美術館」を全国に世界にPRしてください!

 

 

 

※フラッシュや三脚の使用、動画での撮影はできません。

 

(写真の新聞記事は山梨日日新聞昨日付のキャプチャです)

| 志村直毅 | お知らせ | comments(0) | - |
甲州屋忠右衛門の冒険展

12月21日(土)から山梨県立博物館(かいじあむ)で、シンボル展「甲州屋忠右衛門の冒険」が始まりました!

(年末年始は休館となります。年末は23日まで。年明けは1月2日から開館します)

 

 

いまから160年前、横浜港開港の安政6年(1859年)、甲州(山梨県)の繊維や生糸、枯露柿や栗などの特産品を販売する「甲州屋」を開業した篠原忠右衛門(しのはら・ちゅうえもん)。

 

 

幕末社会の経済の大舞台であった横浜で、忠右衛門は急飛脚を用い、政治情勢や価格変動などの情報を、書簡で甲州東油川村とやりとりしました。

 

 

事業を展開していくのに、忠右衛門は情報を巧みに活用し、競争を制していったと考えられています。

明治7年(1874年)に、忠右衛門は横浜から撤退して八王子に転居、最晩年は故郷の東油川に戻りましたが、生糸の産地である甲州と横浜を結び、切り拓いたビジネススタイルは、その後、若尾逸平などのちの多くの甲州商人たちに引き継がれているといえます。

 

 

当時の富士見村略図なども展示されています。
じつは、篠原家はわが家のご近所なのです。

 

  

県内外の多くのみなさま、ぜひご観覧ください!

 

| 志村直毅 | お知らせ | comments(0) | - |
12月県議会一般質問のご案内

12月定例県議会が開会しました。

 

今回は、6日から11日まで本会議質問が行われます。

志村なおきは、11日午後1時から登壇いたします。

 

師走のお忙しい折とは存じますが、

ぜひ傍聴に足を運んでいただければ幸いです。

 

一般質問のおもな内容は次のとおりです。


.椒薀鵐謄アの人材育成

△ん対策

6生型サービス

な〇秬賁腟ヾ悗梁寮強化
ジ産木材の利用促進

Σ論遒凌絨名霾

物流道路の整備

八代射撃場の改修
プログラミング教育への外部人材活用

知的障害特別支援学校の大規模化

 

当日は、12時50分頃までに

県議会議事堂の正面入口で受付を

済ませてご入場ください。

 

質問終了後には、議事堂前にて

傍聴のみなさまと一緒に

記念撮影を行います。

 

よろしくお願いいたします。

 

| 志村直毅 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
新人議員研修2日目

5月28日(火)
県議会新人議員研修2日目

 

午前は、現地調査として
〇坐飴左絅吋▲札鵐拭次屮泪泙領ぁ
△いのくにエコパーク(一般廃棄物最終処分場)
の2か所に伺い、現状と事業内容等の説明を受けました。

 

 

産前産後ケアセンターは、整備事業の検討段階から先進地視察などを行い、県や関係者の方々と推進を図ってきた施設です。
まだまだ周知や利用の促進が必要ですが、昨年度の利用率は43.5%まで上昇してきました。
もっと利用していただけるよう市町村や産科をはじめ多くの方々にPRしていきたいと思います。
「対出生数利用比率の伸びが期待できる自治体に働きかけを強めていくことも必要ですね」とお話ししました。

 

かいのくにエコパークは、昨年12月から焼却灰や飛灰などの再資源化困難な廃棄物の埋め立てはじまりました。
本県はこれまで県外の処分場に一般廃棄物の最終処分を依存していましたが、「自区域内処理」が可能となり、今後20年間で36.7万トンを受け入れる計画となっています。

 

 

年度中途からの供用開始で搬入量は計画の8割程度とのこと。今後の推移を注視していきます。

 

午後からは、子育て支援施策、議会運営、政務活動費などについて、議会運営委員会室で説明を受け、研修終了となりました。

 

 

| 志村直毅 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
県議会新人議員研修

5月27日と28日の2日間にわたって、新人議員研修が行われます。

 

27日は、
仝政の現状について
県財政について
リニア中央新幹線のこれまでの経緯と現状について
づ豕オリンピック・パラリンピックに向けてのこれまでの経緯と現状について
の4項目について、関係各課長から説明を受けました。

 

ざっくりご紹介すると、
/靴靴ち躪膩弉茲虜定(まち・ひと・しごと総合戦略も含めた位置づけ)に着手する。6月議会で計画素案を報告する。
∨楔の会計は、一般会計約4,600億円、特別会計12会計(公債管理特会、国保特会など)約4,000億円、公営企業会計3会計(電気、温泉、地域振興)約80億円で、令和元年度予算は骨格予算の編成で6月議会で政策予算を補正議案として提出する。自主財源比率は概ね40%強。地方債残高も多いが基金残高も多いという状況。実質公債費比率は全国と比べて極めて高い水準(15.2%)。予算段階で100億円を超える財源不足(決算段階でも35〜50億円の基金取崩が続いている状況)が生じており、歳出の効率化、新たな税財源の確保、国の資金の積極活用などにより持続可能な財政運営を行うことが重要。

 

 

6月補正で、調査予算とビジョン策定の予算議案を提出予定。
ね菁7月24日から8月9日までのオリンピック、8月25日〜9月6日までのパラリンピックについてこれまでの本県の取り組み状況と、都市ボラの募集への応募が163名あったことなどを報告。

 

各議員からのいくつか質問も出され、わたしからも財政について2点と、オリパラについて質問しました。

 

28日は、現地調査と子育て支援策、議会運営等について研修します。

| 志村直毅 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
山梨県水防訓練

5月26日(日)
山梨県水防訓練が甲州市の重川河川敷にて開催されました。

 

 

この水防訓練は、水防工法、災害応急復旧、救助訓練、救護等の技術の習得と地域住民の防災活動に対する啓発を図ることを目的に実施されています。
甲州市水防団(消防団)、女性消防隊、日赤奉仕団、峡東建設事務所、山梨県警、建設業協会など、関係機関や団体の方々には大変暑い中の訓練おつかれさまでした。

 

 

災害時に利用される車両展示もあり、排水ポンプ車、災害対策本部車、起震車なども拝見しました。災対車の内部も写してありますが、この車両は2台を連結することができるそうで、関東地方整備局の保有ですが、要請等に応じて全国各地で災害の際に使用されるとのことです。

 

 

| 志村直毅 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>