山梨県議会議員(笛吹市選挙区選出)志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 笛吹市から山梨県の未来を創る!!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
志村なおき事務所
山梨県議会議員
志村なおき事務所


 笛吹市石和町河内83
 電話 055-244-3044
 FAX 055-244-3045
 2019年4月30日〜



大きな地図で見る
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生
(50歳)
山梨県議会議員
(笛吹市議会議員・3期)
(笛吹市農業委員・第22期)

(詳しくはこちらから)

志村なおきは、
日本税制改革協議会(JTR)の
納税者保護宣誓書に署名
しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会


連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

2019年〜(連絡先)

LINKS

「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 【注意喚起】新型コロナ山梨県内感染 5例目 | main | マスク作ってます! >>
山梨県内 感染症発生の状況など
4月4日午前10時時点で、山梨県内の新型コロナウイルス感染症患者は、計11名となっています。
10例目、11例目の親子については現在調査中であり、4日夕方に山梨県が記者会見を行います。
なお、注意喚起していた三ツ星マート甲府駅前店の濃厚接触者の特定は済み、一定の収束をみているとの判断がなされていますので、4月3日に山梨県議会新型コロナウイルス感染症対策連絡会議を通じて提供があった情報と、同日18時30分から県がおこなった記者会見の要旨をお知らせいたします。

(※会見要旨の文責は志村です)

 

【県内6例目 20代男性患者】第4報

・濃厚接触者12名(患者)を新たに特定

・PCR検査の結果、陰性と判明

 

【県内8例目 0歳女児患者】第2報

・搬送にあたった2名と入院患者10名を濃厚接触者と特定

 

【県内9例目 40代女性患者】第4報

・3月25日(水)、大阪にて親族(2名)宅に宿泊

・合計28名を濃厚接触者と特定

・28名内訳(バス乗客21名、乗員1名、親族2名、知人4名)

 

◆以下、記者会見要旨

 

【3件に共通する内容】

・濃厚接触者に特定されたら、すべてPCR検査をするわけではない

・濃厚接触者については、自宅待機などで健康観察

・健康観察を行う中で、保健師等が推移をみている

・その上で症状が出ればPCR検査実施

 

【県内6例目 20代男性患者】

・20代男性患者の容体は軽症

・濃厚接触者である患者12名は、6例目患者の准看護師が口腔ケアを担当していた

・濃厚接触者である患者12名は、高齢で不安もあり、まずPCR検査を実施した(→結果は陰性)

・濃厚接触者に関しては、接触の機会の多かった方を特定しているということ(注:濃厚接触者に特定された=感染者ということではない)

・三ツ星マートの従業員も含め、濃厚接触者はこれですべて特定済みと考えている

・同店の県外居住の2名の従業員は、現地保健所が調査中

・三ツ星マートの関係は、一定の収束をみていると認識

・相談件数は増えているが、健康状態に応じて受診の紹介をしている

・恵信病院の濃厚接触者(医療関係者)6名についてもPCR検査を4日に行う

 

【県内8例目 0歳女児患者】

・0歳女児の状態は依然重症

・濃厚接触者の患者10名は、0歳女児がCTを取った後にCT室に入った患者(外来6、入院4)(既報)

・病院スタッフ44名、人数が多いため順次調査中

・搬送に従事した2名は、救急隊員と医師

・この2名の検査はこれから判断する

・搬送が県立中央病院のドクターカーだったかは調査中

・その他は保健所が調査中

・確定した情報については追って発表する

 

【県内9例目 40代女性患者】

・40代女性の状態は軽症

・バス乗客21名、ドライバー1名は、乗客名簿で連絡の付く方から順次連絡

・乗客の体調やバス降車後の経路などは調査中

 

【9例目患者に関する新聞報道】

(山梨日日新聞4月4日付)

・40代女性は、東京都羽村市が北杜市内に設置する「羽村市自然休暇村」の従業員であることを羽村市が公表

 

【9例目患者に関する東京都羽村市の公表情報】

・患者女性の3月中の勤務は、3月14日(土)、15日(日)の2日間

・3月16日(月)以降は勤務していない

・4月2日に「羽村市自然休暇村」の消毒作業を終了

http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000013407.html

 

◆以下は、議員活動の中で取材・調査により、志村が関係部署・機関等に確認した内容ですので、あくまで参考としてお目通しください。

なお、聞き取りが主たる方法ですので、根拠法令や情報資料などの提示は(情報源の秘匿の必要性があるものもあること、および時間と労力の都合上)ただちに(または情報内容によっては)できませんので、あしからずご了承ください。

 

・すべての濃厚接触者を検査するというわけではない

・濃厚接触者の中でも特に濃厚な接触があった、感染経路を特定する必要がある、公衆衛生上の観点から検査の必要があると判断した場合などに検査を実施する

・県立学校の学校再開については感染予防策を講じ、各校の判断で必要な対応を行う

・県立学校再開にあたっては、時差登下校や部活動の対応を感染予防を最優先に対応する

・県立支援学校についても同様の対応

・健康観察に努め、教室や部室等の換気、消毒を徹底する

 

なお、山梨県は、感染予防や拡大防止の観点から、県庁舎への入館について注意していただく内容を掲示します。

県庁舎にご来訪の際には、ご配慮いただけますようお願いいたします。
| 志村直毅 | お知らせ | comments(0) | - |