山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(48歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!


※NTTグラウンド用地購入に関する
アンケート結果

過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< ふれあいペンダント=「院外ナースコール」 | main | 水辺カフェオープン >>
保育「士」確保も課題

保育所の待機児童は、首都圏だけでも厚労省の公表数値でおよそ1万1千人(昨年4月現在)で、その後やや減少しているようですが、それでもまだ解消するには程遠い状況でしょう。

 

笛吹市も含め、山梨県内では保育所定員に対する利用児童数という意味での不足はなく、待機があるとすれば(広域入所も含めて)希望する保育所を利用できないというケースだったり、一時保育や休日保育などの利用がしにくかったりというものであると考えられます。

 

そして、もう一つの大きな課題が、保育士の確保です。

 

保育士確保記事

 
記事にあるような事例はレアかもしれませんが、首都圏(とくに都内)で保育所を増やしていくとなると必要なのが保育士。

 

山梨で保育士に就いていただければという願いも、争奪戦に大きく誘引されている現実があると感じます。

| 志村直毅 | 徒然に想う | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963890