山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(48歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!


※NTTグラウンド用地購入に関する
アンケート結果

過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 28年度当初予算(委員会審査) | main | ローカルガバナンス学会第23回研究会 >>
28年度当初予算(委員会審査・2)

3月17日(木)教育厚生常任委員会
後半の議案審査2日目

◎市民環境部

ヾ超推進課【36.4億円】
・議案第28号:平成28年度一般会計当初予算について
 現在、整備中の境川ごみ中間処理施設、リサイクル施設、温泉施設などの地域振興施設、上寺尾・中寺尾両区の地域要望の道路や集落施設等の事業費を含んでいるため、総額は36億4千百万円となっている環境推進課の関係予算。
 衛生費24億円の主なものは、可燃ごみ、粗大ごみ、有害ごみ、資源物、有料ごみ、ミックス紙・プラなどの収集運搬委託を行うごみ収集事業が2億3千8百万円。可燃ごみの共同処理(石和)7千万円と処理委託(御坂・一宮・八代・坂井川・芦川)1.7億円などを含むごみ処理事業が3億2千7百万円。春日居分は東山梨環境衛生組合に負担金として4千9百万円。収集費用は約3千万円の増加、処理費は11月から境川の中間処理施設が仮稼働することにより6千万円の減額見込み。
 太陽光発電システム設置補助金は、年々設置件数が減少しており、昨年度の半減近い7百万円。し尿処理を行うクリーンセンターは指定管理費を含む6千万円。
 甲府・峡東ごみ処理施設事務組合負担金14億円。そのほか、土木費として「寺尾の湯」と6次化施設整備事業委託など9.8億円、総務費として寺尾地域周辺整備事業8千8百万円、消防費として分団詰所2カ所で4千万円。
 詰所は1カ所に統合して建てるべきだったと思われる。
 有料指定ごみ袋については、事後審査型一般競争入札で総額または単価契約での発注を検討。今後、袋の色などを検討し、遅くとも6月議会までには仕様を決定していく方針。
 現在、市内の可燃ごみ持ち出し場所は約2,300か所。今後、今以上に高齢化が進むと、ごみの持ち出しに苦労する方々も多くなることが想定される。一方、地域の可燃ごみ持ち出し場所を増設していくことになると収集費用が嵩む。ごみを通して地域のあり方やコミュニティにおける住民の役割・共助といった視点を、意識と行動の変革に結び付けていく必要がある。市民環境部長からもそのような考え方で取り組んでいきたいとの発言。有料指定ごみ袋の導入も、大きな環境施策の中の1つの手段と理解していただけるよう説明を尽くしていきましょう。
 
市民環境部議案審査
 
国民健康保険課【17.1億円】
・議案第28号:平成28年度一般会計当初予算について
 国保課の一般会計の歳入は5億円。内訳は、国庫負担・委託金が1億円、県負担金等が3.9億円、雑入として後期高齢者検診事業費補助約9百万円など。
 歳出は、国保特会への繰出が7.7億円、後期高齢者医療特会への繰出が9億円、後期高齢者検診事業に2千3百万円など。9,700人の後期高齢者のうち、1,800人が受診すると想定して予算計上。歳出合計は17.1億円で前年度予算額対比113%。
 
・議案第29号:平成28年度国民健康保険特別会計当初予算について
 国保特会の歳入歳出予算額【104億7千8百万円】
 歳入の主なものは、一般被保険者国保税21.3億円、退職被保険者国保税5千7百万円、国支出金(療養給付費国庫負担金16.6億円、国財政調整交付金4.5億円など含む)21.8億円、療養給付費交付金(社保支払基金分)2千3百万円、前期高齢者交付金21.6億円、県財政調整交付金4.5億円、共同事業交付金23.8億円、一般会計繰入金7.9億円など。
 歳出の主なものは、保険給付費(一般被保険者療養給付費51億円、同高額療養費7億円、退職被保険者等療養給付費1.6億円、出産育児一時金5千万円)61.3億円、後期高齢者支援金11.7億円、介護納付金4.9億円、共同事業拠出金(高額医療、財政安定化の合計)23.7億円、特定健診等事業費5千万円など。前年度予算額対比2.5億円の増。
 財政調整基金の昨年度末現在高は1.9億円。
 平成27年度の給付実績は60億円を突破する見込みで過去最高。
 予算計上にあたっては、疾病や感染の流行などの状況によって給付に変動が生ずることもあり、限られた財源の中で苦労しているとの国保課長の説明。
 適正受診とともに、ジェネリック医薬品の推奨、特定健診の受診など引き続き進めていくことと、地域での健康づくりによる予防や「未病」管理・改善による健康増進、さらには地域福祉を包含した地域住民の関係づくりなども大切。
 討論:なし
 採決:挙手全員で可決すべきもの
 
H28国保会計予算案
 
・議案第32号:平成28年度後期高齢者医療特別会計当初予算について
 後期高齢者医療特会の歳入歳出予算額【13億9千5百万円】
 歳入の主なものは、保険料4.9億円、一般会計繰入金9億円など。
 歳出の主なものは、広域連合納付金13.7億円、一般管理費1千7百万円など。
 討論:なし
 採決:挙手全員で可決すべきもの


 
| 志村直毅 | 教育厚生常任委員会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963867