山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(48歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!


※NTTグラウンド用地購入に関する
アンケート結果

過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 持続可能な地域づくりのために… | main | 3月議会委員会審査(2日目) >>
3月議会委員会審査(1日目)

3月2日(水)教育厚生常任委員会
委員会審査1日目(保健福祉部)
 
議案第15号:市重度心身障害者医療費助成条例等の一部改正
 
 県が4月から窓口自己負担免除を復活することにより、12月議会で改正した関係3条例を再度改正し対応。賛成全員で可決すべきものと決定。
対象者は約120名、うち3名はひとり親の適用者で高校生となるため、4月からは117名が重心条例で対応することになる見込み。
 
一般会計補正予算(第5号)
 
 補正予算案は、年度末に向けて事業確定見込みによる補正がほとんど。国の平成27年度補正予算成立による地方創生等の交付金や補助金事業を受けた追加補正もあり。
 多世代包括関係の医療介護連携クラウドシステムは平成31年度までに約100名の利用を見込む。加速化交付金で追加補正し、システム構築、利用者組織の構築、必要な機器やツール等の準備を進める。子育てクラウドの利用者は平成31年度までに約300名を見込む。これは年間出生数の約半分だなぁ。
 昨年4月から子ども子育て支援新制度がスタートし、国・県補助金の名称変更等があり、ややこしいですね。
学童支援員さんの研修枠、県はもっと増やして早めに対応してください。5年間の早い段階で受講できるほうがいいのではないかと思います。
 保育士不足で募集しておりますが、とりあえず通常の保育に支障のない保育士さんは確保されています。延長保育等の保育を提供するためにはもう少し保育士さんが必要です。また芦川へき地保育所の4月から保育士さんも募集しております。
 新しい総合事業でなくなる在宅福祉推進事業は、地域にこうした事業を担ってくださる事業者や有償的なボランティア・団体等が育っていなかったらどうなるんだろう。介護保険事業所がこうした事業まで担ってくださるのだろうか。介護保険の10年先20年先を展望するのはなかなか難しい…。
 がん検診推進事業の国庫補助対象事業は、毎年確定するのが遅く、当初予算段階では厚労省からの基準が示されないため、昨年度と同様に見込んでいたものが対象とならず大幅な減額補正。昨年、国や国会議員に要望した事項のうちの一つですが、検診事業を充実させて医療費抑制を図る責務を自治体にもたせているのであれば、早め早めの対応も大切ですね。

| 志村直毅 | 教育厚生常任委員会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963863