山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(48歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!



過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 委員会傍聴 | main | ハザードマップ・防災情報 >>
用地購入費は否決
 9月11日午前の本会議において、NTT用地購入のための補正予算案(議案第75号平成27年度笛吹市一般会計補正予算(第2号))について、委員会の審査報告と討論、採決が行われました。
 採決の結果、起立4名で賛成少数となり、用地取得予算案は否決となりました。
 本会議での賛成者は、上野、前島、海野、北嶋の各議員です。
 
 わたしは、同じ会派「笛政クラブ」の議員2人が賛成し、会派の代表である上野議員が賛成討論をされましたので、最後に討論に立ってこの案件に関わる課題2点を挙げ反対の理由を述べました。
 メモ書きのみで討論に臨んだので大まかな内容のみですが、議員にそして多くの傍聴者や説明員の市長以下幹部職員の方々に向けて申し上げたことは次のとおりです。
 
 この件について2つの点から課題がクリアしきれていない。それは「公共ストック」と「財政運営」という観点からの課題。
 1.公共ストック
 笛吹市の一般会計予算350億円は大き過ぎる。雪害の約50億円を除いても300億円。類似的な自治体として塩尻市の一般会計予算規模は約250億円〜260億円。このくらいを目指していかないとならない。しかも、笛吹市の公共施設を維持・更新していこうとすれば年間15.5億円の資金不足と想定されている。大規模なストック増加は、十分な理解と合意形成が必要。
 2.財政運営
 一般質問で出てきた答弁の、市営四日市場団地の建て替えでの家賃補助との比較として近傍同種家賃97,100円、完成した場合の家賃23,300円との差額を給付する場合との比較というトリックのような数字。過剰な税金投入の事業では、一方で補助金減額し市民が矛盾を感じるという指摘に、補助金減額と長期的な公共投資との比較で問題ないというずらした答弁。こうした市長の財政運営は問題がある。
 ミズベリング構想は、地域振興という点で関連しているが、ミズベリング、観光振興、基盤整備と3つに分けてわかりやすく説明していく必要があった。NTT用地購入に対して、資産価値を上げるための投資が必要だと述べてきたが、そうした「選択と集中」もなく今後の追加費用も見込まれ、現状では中途半端な感が否めない。ミュージアムの提案自体は優れていたかもしれないが、公表後の市民の反発は大きかった。
 このような中での用地取得は仕切り直しするべきであり、本当に必要でどのような活用をすればいいのかということについて熟議を求めたい。子や孫に持続可能な笛吹市行政を手渡していくために、人口減少、高齢化、担税力人口の縮小という中で、長い目で行政のあり方を市民を挙げて考えていく必要がある。熟慮の末、本案には賛成いたしかねるものである。
 

 
| 志村直毅 | 議会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963845