山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(48歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!



過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 読み聞かせ(第9回) | main | 2010年11月の活動報告 >>
あなたの声を聞かせてください・3
笛吹市議会の議員定数は、現在24名です。

これは条例で定めているもので、2004年に合併して最初の選挙は定数特例も在任特例も採用せず、新設の設置選挙で選挙区も設けずに、地方自治法第91条の2項第6号に定める「人口5万以上10万未満の市 30人」に基づいて実施されました。

その後、議会議員の定数を6減する条例改正を行い、第2回の市議会議員選挙は24議席で行われました。

議会議員の定数は、地方自治法で一般的と思われる基準を定めていますが、実際には法定数よりも自治体条例でさらに減らしているところが少なくなく、昨今の行政改革や政治改革等の見地からさらなる定数削減を実施する傾向も見られるようです。

議員定数の削減は、実施すればそれだけ議員経費が削減されることになりますが、有権者の代表としての議員が減ることから少数意見や多様な住民意思が反映されにくくなるという指摘もあることと思われます。

また、議員資質の向上や議会改革の進展により、議員数が少なくても二元代表制の一翼を担う議会の機能は低下しないとする考え方もあるでしょうし、議員数は減らさずに議員報酬を減額するべきであるとか、議員数を減らす一方で議員がその職責に専念できる報酬や環境を与えるべきといった考え方も聞かれます。

物理的にも市面積201平方キロメートルあまりと広い笛吹市でもありますが、笛吹市議会の議員定数についてあなたの考えをぜひお聞かせください。

アンケート第3回
※このアンケートは2010年12月31日まで
2011年1月31日まで延長して実施予定です。

【アンケート結果】2011年2月1日UP!

アンケート第3回結果

アンケート第3回コメント

ご協力いただきありがとうございました。
| 志村直毅 | アンケート | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963674