山梨県議会議員(笛吹市選挙区選出)志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 笛吹市から山梨県の未来を創る!!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
志村なおき事務所
山梨県議会議員
志村なおき事務所


 笛吹市石和町河内83
 電話 055-244-3044
 FAX 055-244-3045
 2019年4月30日〜



大きな地図で見る
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生
(49歳)
山梨県議会議員
(笛吹市議会議員・3期)
(笛吹市農業委員・第22期)

(詳しくはこちらから)

志村なおきは、
日本税制改革協議会(JTR)の
納税者保護宣誓書に署名
しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会


連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< ふわり、ぷかり、ふわり | main | 石和西小卒業式 >>
若彦トンネル

3月21日、笛吹市教育委員会生涯学習課主催の自然体験教室に参加してきました。

3月27日に開通する一般県道富士河口湖芦川線の若彦トンネルを、親子の体験教室として歩いて往復し、周囲の環境や自然に親しみながら、あわせて親子や家族の絆を育んでほしいという事業目的で開催されました。

若彦トンネルの芦川側から歩いて入り、富士河口湖側に出たところで休憩して折り返してくるという行程でしたが、トンネル内は風が吹き抜けていて、結構な寒さでした。

若彦トンネル

かつて、「甲斐の古道九筋」の1つに「若彦路」という経路がありましたが、1968年に若彦路の整備に係る促進期成同盟が発足したそうで、2000年に国の認可を受け事業採択となり、2004年に富士河口湖町側から掘削が始まり、2006年には芦川町側からも掘削、2008年に貫通しました。

トンネルについての説明が県の担当者からあり、工事自体はスムーズに進んだものの、掘削により湧水し(1分間に1万リットル)苦労したというお話がありました。

道路整備も含めた富士河口湖町大石から笛吹市芦川町間の計画延長は5820メートル、そのうち若彦トンネルの長さは2615メートルで、山梨県内の道路では雁坂トンネル、御坂トンネルに次いで3番目の長さとなるそうです。

若彦トンネル

トンネル内の市町境界で撮影しました。

若彦トンネル

富士河口湖側の坑口では、折り返すまでの休憩時間を利用して、こどもたちがトンネル内に大きな声で叫んでみるという「あそび」もあり楽しそうでした。

若彦トンネル

実際に自動車で八代庁舎から富士河口湖町の大石公園まで走ってみると、交通量も(まだ)少なくスムーズに思ったより早く到着できるようです。

若彦トンネル

予定通りの時間で全員が歩き切り、終わりの会をして解散となりました。

若彦トンネル

ちなみに、笛吹市芦川坑口の銘板は閉校となった芦川中学校の生徒が書いたものだそうです。

若彦トンネル

富士河口湖坑口の銘板は、富士河口湖町の小学生が書いたものだそうです。(大石小学校かな?)

若彦トンネル

芦川農産物直売所「おごっそう家」のオープンもあり、若彦トンネルが笛吹市の南側の第2の玄関口として、また国中と富士北麓を結ぶ新たなルートとして、多くの方に利用されることを願っています。

交通事故には十分気をつけて…。

| 志村直毅 | 日々彼是 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963634