山梨県議会議員(笛吹市選挙区選出)志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 笛吹市から山梨県の未来を創る!!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
志村なおき事務所
山梨県議会議員
志村なおき事務所


 笛吹市石和町河内83
 電話 055-244-3044
 FAX 055-244-3045
 2019年4月30日〜



大きな地図で見る
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生
(49歳)
山梨県議会議員
(笛吹市議会議員・3期)
(笛吹市農業委員・第22期)

(詳しくはこちらから)

志村なおきは、
日本税制改革協議会(JTR)の
納税者保護宣誓書に署名
しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会


連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
<< 芦川中学校閉校式 | main | ふわり、ぷかり、ふわり >>
教育厚生常任委員会研修

3月定例議会の会期中の委員会審査予備日を利用して、市立小中学校の状況を委員会(6名参加)で視察し、お話を伺いました。

まず最初に、富士見小学校を訪問しました。

校長室で角田清隆校長から学校経営方針や現在の状況をお聞きし、最近入れ替えが完了したばかりの学校教育用パソコンが配備された教室から見学しました。

委員会研修(富士見小)

次に1年生の教室へ。
市費負担の学習支援講師が担任教諭と協力してT・Tに取り組んでいる授業の様子を拝見しました。

委員会研修(富士見小)

次は4年生の授業の様子。本校で最も児童数の多い学級(37名)とのことでした。

委員会研修(富士見小)

児童たちは落ち着いて授業を受けている様子で、理解度に応じてのサポートも行われているようです。

委員会研修(富士見小)

笛吹市の教員の配置数は、どちらかといえば他市に比べても充実している状況ではありますが、市費負担講師の中には緊急雇用対策を活用して雇用されている方もおり、この臨時措置が終了すると現在のような体制での配置が困難となることも予想されることから今後の課題です。

続いて石和西小学校を訪問しました。

会議室で一之宮和英校長から学校の概要についてお話を聞き、質疑応答のあと校内を案内していただきました。

特別支援学級の様子や児童の状況などの説明も受け、教育厚生常任委員会の委員(議員)からも質問等がありました。

個別指導や特別支援の児童に対応する教職員が不足がちであることが大きな課題とのことで、特別支援教育の理念に合った施設整備や人的対応が追いついていない状況とのお話でした。

委員会研修(石和西小)

富士見小と石和西小の学区には、児童館や児童センターがないことから、学童保育は空き教室を利用して行われており、教育関係の事業に取り組む市内のNPO法人「学びの広場ふえふき」による「放課後子ども教室」も実施されています。

どちらの小学校も、児童数は370名前後と市内14校の中では多いほうで、石和西小では教室が不足している状況です。

開校した平成16年以前には、現在の特別支援教育や富士見地域の人口増加等がよくわからない部分や読めない状況もあったとはいえ、少人数学級の編成や学童保育の空き教室利用などの方針変更、法改正に伴う耐震判定なども影響して、現状の校舎で手一杯になっている状況は深刻です。

続いて石和中学校に向かいました。

橘田良也校長から概要説明を受け、すぐに校内を案内していただきました。

写真は図書室です。700名以上の生徒がいる中学校としては、図書室はやや手狭な印象です。
しかし、自分が中学生の時にはあまり感じませんでした(というか、あまり行かなかったのかもしれません)…。(^_^;)

委員会研修(石和中)

石和中学校の教室のある校舎は、直方体の建物に長い廊下という一般的な校舎のような構造ではなく、「バッテリー方式」と称される特異な構造で、各教室から隣の教室へは3ヵ所ある渡り廊下を通って移動しなければ行き来することが難しい仕組みなっています。

写真の渡り廊下の先にある入口の両側の教室は行き来することが出来ますが、右側の教室のさらに右側にある教室(写真では右端で切れていますがカーテンの閉まっている教室です)に行くためには、この渡り廊下を手前の校舎まで来てから隣の渡り廊下(写っていませんが)を渡っていくということになります。

ベランダが続いているように見えますが、非常に狭いため移動の際には使うことが困難な状況です。

委員会研修(石和中)

中学生のときにも感じてはいましたが、近年、給食棟や校舎施設の老朽化がすすんでいることもあり、保護者の方からも何とかしてほしいという声をいただいていました。
石和中学校の状況は、防災の観点からも、校舎が築35年程経過していることからも、早急に対応を検討しなければなりません。

わたしは在校していたこともあり、議員になってからも何度も訪問していますが、石和中をはじめて訪問する委員が多かったので、現状を理解していただくよい機会となりました。

委員会研修(石和中)

給食棟は、かつてはここで数百人の生徒が一堂に会していましたが、現在は手狭なことと、教室不足を解消するために一部を改修して教室を設けていることから、全校生徒が自分たちの教室で給食を食べています。

委員会研修(石和中)

ちょうど4校時の時間帯だったので、給食は配膳準備が済み清掃中でした。
現在の調理室では、一度で食器等を消毒保管することが出来ず、シンクも一列しかないため改善の希望もあるようです。
毎年要望は出しているとのことでした。

委員会研修(石和中)

平成22〜23年度には、一宮給食共同調理場の整備を行いますが、次にはこの石和地区の学校給食の環境整備が待たれています。
今後も、保護者や学校、市民のみなさまのご意見をよくお聴きしながら、学校給食の施設整備や充実に知恵を絞っていきたいと思います。

委員会研修(石和中)

校内を見学したあと、栄養職員の先生から説明を受けながら中学生の給食を試食させていただきました。
(当然ですが、委員の給食費は納めています)

委員会研修(石和中)

学校の状況は1校1校すべて異なり、教育環境の向上のためには学校教職員のみならず、保護者や地域の方々のご理解とご協力を得ながらすすめる必要があり、議員も現場をよく把握した上で提案や予算の議決をしていかなくてはならないことをあらためて感じました。

| 志村直毅 | 研修・勉強会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.shimuranaoki.com/trackback/963632