山梨県笛吹市議会議員 志村直毅 Weblog

 農業、地域、生活をもっと元気に!
 熱き想いと行動力でがんばります!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おもな活動予定
カレンダーが表示されない場合は、
この上の空白部分にカーソルを合わせ
右クリック→「最新の情報に更新」で
再読み込みしてください。


PROFILE

農業
1969年11月3日生(47歳)
笛吹市議会議員

・教育厚生常任委員会
・議会広報編集委員会

(詳しくはこちらから)

  志村なおきは、
  日本税制改革協議会(JTR)の
  納税者保護宣誓書に署名
  しています。
  
  JTR・日本税制改革協議会



カウントダウンタイマー

連絡先
・みなさまのご意見・ご質問
 ご提言などをお寄せください!

E-mail:
info★shimuranaoki.com

お手数ですがコピーペーストしてください。
その後、★を@に換えてください。
スパム等対策のためご協力お願いします。

連絡先

LINKS
アンケート実施中
現在、アンケートを
準備中です!


※NTTグラウンド用地購入に関する
アンケート結果

過去のアンケート結果は、
ブログのカテゴリー「アンケート
から記事を表示してご覧ください。

        
    
「Twitter」による【ひとこと・お知らせ・情報板】
「ツイログ」でまとめて読む>>こちらから
LINEで志村なおきの市政情報をGET!>>友だち追加
「志」PV
| 志村直毅 | 政治への「志」 | comments(0) | trackbacks(0) |
原点をみつめながら…

 地方議会とはいえ、政治の現場は何かといろいろあるのだな…と感じます。

 未来に希望が持て、生活に安心を実感できる笛吹市に、そして、農業・地域・生活をもっと元気にしていくために、みんなで一緒に市政に取り組むという原点と、自分が市民のみなさまに「雇用されている」議会議員としてどうあるべきかを、しっかりみつめながらこれからもがんばっていきます。

 支えてくださるみなさまの尊い想いを大切にし、いつも感謝の気持ちを忘れずに…。

| 志村直毅 | 政治への「志」 | comments(0) | trackbacks(0) |
政治家の仕事
昨年の12月末、当時書いていたブログに
貼り付けた動画を再度掲載します。

山本議員のような方が亡くなられたことは
国民にとって大きな損失だと書き、
ご自身の生命を削りながら「いのちを守ること」が
政治家の仕事であることを示してこられた姿に、
畏敬の念を抱きました。

地方議会の議員ではありますが、
1年前にはこうして自分が政治家に
なるとは考えていませんでしたから、
新米で駆け出しのわたしが活動していく上で
決して忘れることのないように、そして、
いつも市民の目線で思考していくために、
政治家の仕事とは何なのかを
問い続けていきたいと思います。



山本孝史議員は、2007年12月22日に
58歳でご逝去されました。

【その他の関連動画】
議会史に残る感動の名演説(前半)
議会史に残る感動の名演説(後半)
山本孝史さん「命のバトン」(削除されています)

※ 志村なおきは無所属議員であり、特定の政党に所属していません。故山本議員は民主党所属議員でしたが、政党とは関係なく、「いのちを守るのが政治家の仕事」という思いに強く共感しています。
| 志村直毅 | 政治への「志」 | comments(0) | trackbacks(0) |
選挙でのお約束
2008年10月26日執行
第2回笛吹市議会議員選挙

志村なおきの選挙でのお約束

未来に希望を!生活に安心を!みんなで一緒に市政にGO!
(選挙公報にも同内容を掲載)

1.政治をもっと興味深(おもしろ)く!そしてひたむきに!

■情報発信・情報公開につとめます。
 →活動報告の発信。市民と語り合う機会を積極的に企画。

■市民の役に立つ実務家としての政治活動をします。
 →市政に、地域の課題に、いつも真摯に全力で。

2.未来に希望が持てる笛吹市に!
  安心して暮らせる笛吹市に!


■施策の必要性と優先順位を見極めます。
 →子どもたちにツケまわししない税金の使いみちを実行。

■安心して暮らせる地域社会を育てます。
 →「おまかせ行政」からみんなで力を合わせる「自治」へ発展。

3.「暮らしやすさ山梨県一」の笛吹市に!

■働き盛り、子育て真っ最中の世代の声を市政にしっかり届けます。
 →忙しい世代の思いをもっと政治に。

■市民生活に必要な行政を守ります。
 →行財政改革を図りつつ市民生活に関わる施策はしっかり充実。

〜いま、笛吹市の未来に必要なもの〜

 7町村が合併した笛吹市にとって、
  それぞれの地域のよさを活かしたまちづくりが重要です。
 わたしは、地域間の主導権争いのような
  後向きの政治はしたくありません。
 だれもが笛吹市に住みたくなる、
  訪れたくなるまちにしていきましょう!
 子どもからお年寄りまで、みんながともに支え合う
  地域社会を創っていきましょう!
| 志村直毅 | 政治への「志」 | comments(0) | trackbacks(0) |